40~50sジュエリー

2015年10月12日 (月)

入荷予定商品 Swoboda、オーストリアンフルーツのブローチ

今月入荷予定商品のご紹介ですheart

Swoboda


Swobodaの可愛らしいブローチnote

天然石を使用したアメリカのブランドです。以前、当店でもいくつかお取扱い致しました。

今回のブローチは、おそらく1966年以降の物だと思われます。

オパール、ターコイズを使用したお花モチーフのデザインです。可愛らしい小鳥が止まっています。

スワボダのジュエリーにつきましては前に書いた記事がございますのでそちらもあわせてご覧下さいshine スワボダにつきましては他にもお取り寄せができますので、ご希望の商品などございましたらお気軽にご相談くださいませ。

スワボダ過去記事

お次は人気のオーストリアンフルーツのブローチですshine

★この商品は予約済みです(2015年10月20日)

Photo


オーストリア製の高品質のクリスタルでできたフルーツモチーフのブローチです。

独特のグラデーションカラーのすりガラスがその魅力ですが、オーストリアンフルーツはコレクターも多いのです。

今回は、ブルーとグリーンのグラデーションが美しいベリーモチーフのブローチです。大人の女性にも楽しんで頂けるようなカワイイだけではない落ち着いたデザインです。

こちらのシリーズも当店で過去にお取扱いしておりますので、過去の詳細記事も合わせてご覧下さいませ♪

オーストリアンフルーツ過去記事

本日ご紹介の商品は、ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせくださいねcherry

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

入荷予定アイリスガラスのデミパリュール

入荷予定商品のご紹介ですheart

Photo


豪華で美しいアイリスガラスのブローチ&イヤリングですshine

Photo_2


とても立体的な作りです。良く見ると表面に模様をほどこしたアイリスガラスも配されています。

Photo_3
おそろいのイヤリングも素敵です。

Photo_4


本日ご紹介のアイリスガラスは今月から来月はじめに入荷予定です。アイリスガラスは人気がありますshine 入荷してすぐに売り切れということもよくあります。

人気商品は入荷前ブログ掲載時のご予約をお薦めいたしますheart04 お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

入荷予定オーストリアンクリスタルブローチ&ロバートのブローチ

最近、1950年代の可愛らしい陶器の動物達にはまっていますheart

先日は子牛の置物を買いました。

Kimg0555


真ん中が子牛の置物です。バンビかと思って買いましたが子牛でしたcoldsweats01

日本製ですが、1950年代当時アメリカへ輸出された里帰り品です。

手前の猫の親子も里帰り品です。こちらは戦後、アメリカ軍占領下の日本で作られた事を示すマークがあります。

今狙っているのは、同じく1950年代レフトン社のプードルですheart

Photo


カールした毛並みをブルーのビーズであらわしています。首に付けているハートのチャームもかわいいですね。

とりあえずお取置き中にしてもらっています。来月買おうかな~と思っています。

たくさん集まったら、ガラス張りのキャビネットに並べて堪能したいなぁ~と妄想しているところですnote

1950~60年代のこのような陶器の置物は素朴で可愛らしいものが多いです。どこか不完全であまり繊細ではないところが魅力なのですheart

さて、今月入荷予定商品のご紹介ですshine

Photo_3


1940年代、オーストリアンクリスタルのブローチです。ベリーモチーフの可憐なデザインです。

果実の部分は淡いピンク、濃いピンクのグラデーションになっています。何と言ってもこのような幻想的な色合いがオーストリアンフルーツの魅力です。

オーストリアンフルーツに関する記事は、以前もこのブログで書いています。

ぜひこのシリーズの詳細をご覧下さいねwink

専門書のお写真と一緒に説明していますが、今回入荷予定のベリーのお写真も掲載されています。有名なブックピースなのです。

オーストリアンフルーツの過去記事→こちら

Photo_4


お次は、オリジナルバイロバートのブローチ。ミリアム・ハスケル好きな方はロバートのジュエリーもお好きなのではないでしょうか。

リースのような美しいサークルからアシンメトリーなデザインのバロックパールが揺れる凝った作りになっています。

ロバートのジュエリーは、ハスケル同様、バロックパールを使用した複雑で繊細な印象のデザインも多いです。

それもそのはず、ロバートはハスケルの元で働き後に独立し自分のブランドを起こしています。ハスケルの影響が大きいと言われています。

しかしながら、1979年には製造終了しています。

Photo_5


裏にはOriginal By Robertのメーカーズマークがあります。

本日ご紹介の商品は今月~来月はじめに入荷予定です。

ご予約もできますので、お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいcherry

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

入荷予定ミリアム・ハスケルのブレスレット&トリファリのデミパリュール

今月入荷予定商品のご紹介ですheart

ミリアム・ハスケルのとても豪華なブレスレットが入荷予定です。

Photo


まさにアメリカンコスチュームジュエリーの女王に相応しい繊細で豪華なブレスレットです。ハスケルの洗練されたデザインと卓越した技術は、ハリウッドの女優達の絶大な人気を得、モード雑誌「ヴォーグ」の表紙のトップモデル達もハスケルのジュエリーを身につけました。

Photo_2


ハスケルのジュエリーと言えば、フェイクパールを使用したものが特に有名であり、世界中に多くのコレクターがいますが、このフェイクパールはフェイクと言えども本物以上の最高のジュエリーを作るべく、魚の鱗やセルロースから作り、それらのエッセンスを10回以上塗り重ねて絶妙な色合いを出しているのです。

またパーツの組合せも、接着剤を利用せず細いワイヤーで台座に留め、その台座もワイヤーを隠すためにさらにもう一枚プレートを貼るという細工がなされています。

Photo_3


裏からみると全くワイヤーが見えません。このように裏面まで徹底された作りから、コスチュームジュエリーは宝石は使用していないものの単なる「フェイクをつかったもの」という認識ではなく、貴重なジュエリーとして捉えていた事が分かります。

Photo_4


ハスケルのジュエリーは実際に身につけると女性が美しく見えるよう計算しつくされていると言われています。なるほど・・・納得ですねheart

Photo_5


お次はトリファリのネックレスとイヤリングのデミパリュール。1940~1955年ぐらいまでのものだと思われます。

珍しいタッセルネックレスです。おそらくチェーンを留めている輪の部分でネックレスの長さを調節できるようになっているものと思われます。

イヤリングはボールの部分が揺れるようになっています。

本日ご紹介のジュエリーは、ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせくださいね。

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

WEISSの孔雀のブローチ&ハグラーの繊細豪華なブローチ

来月入荷予定商品のご紹介ですheart

Photo


スタンレー・ハグラーのヴィンテージブローチですheart

見る者を圧倒する豪華さと緻密さです。ハグラーは1953年から1996年まで続いたブランドです。ミリアム・ハスケルの影響を受けたと言われています。

確かにハスケルのような、手作業による繊細で緻密なビーズワークですが、ロマンチックでクラッシックな雰囲気のハスケルとは違い華やかで大胆な印象です。

Photo_2


裏から見るとビーズを金属の糸に通して手作業により作っている事がわかります。

手間のかかる作業により作られている事からもそのこだわりが伝わります。裕福な著名人を顧客として20世紀後半に活躍したブランドですが、このような時間がかかり緻密な作業を要するジュエリーはいつの時代でも宝石や貴金属並みの高級品なのです。

このブローチは、ハグラー自身がデザインしています。

お次は1950年代WEISSのブローチですshine

Photo_3


リボリと呼ばれる虹色の偏光色のあるお花のようなカットのクリスタルを使用しています。

ワイスは、1950~60年代にかけてこのような偏光色のリボリを使用したジュエリーを多くデザインしています。

お花の形のものが多いので、孔雀のブローチはたいへん珍しいのではないでしょうか。

尾の部分にリボリが使用されていますが、角度により孔雀特有のターコイズブルーに見えたりライトグリーンに見えたりととても幻想的な雰囲気です。

このブローチは1950年代はじめに製作されたものと思われます。

本日ご紹介の商品は来月はじめに入荷予定です。ご予約もできますので、お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいませnote

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

本日入荷ヴィンテージブローチ&アンティークリング

本日商品が多数入荷しましたheart

Photo

1930~1950年代のアンティークブローチ、ヴィンテージブローチたちですshine

Photo_2

19世紀のスティックピンを指輪に作りなおした月と星の14Kリング

本日中にオンラインショップに掲載いたしますheart04

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

本日入荷の商品(えんどう豆ブローチ、りんごのイヤリング、付け襟)

shine本日3点商品が入荷しましたheart

Photo


まずはじめにかわいいフィギュラルジュエリーですshine

Photo_2


1950-60年代のりんごのイヤリングheart

切り口がラインストーンになっており遊び心のあるデザインです。

Photo_3


1950年代WEISSのえんどう豆のブローチです。

えんどう豆モチーフのジュエリーで有名なものはトリファリがありますが、トリファリは現在、価格が8倍も高騰し入手困難となってしまいました。

しかしながら、WEISSのえんどう豆ブローチもとても珍しく今後値上がりの可能性があります。

トリファリとあまりデザインが変わらない(WEISSはラインストーンをふんだんに使用している点が違いますが)ので、えんどう豆ジュエリーをお探しの方はこちらもお薦めですheart

Photo_4


1950年代総ビーズのヴィンテージ付け襟です。

Photo_5


Photo_6


ほつれやダメージはありません。とても良い状態ですshine

本日中にオンラインショップへ掲載致しますapple

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

入荷予定アンティークリング&ブローチ

今月入荷予定の商品のご案内ですshine

まず最初にリングを3点・・・今回は19世紀のスティックピンをリングに作りなおしたお品のご紹介です。

ブローチやボタンだった物を後ほどリングに作りなおしている例は西洋アンティークジュエリーにおいてはそれほど珍しい事ではありません。

例えば18世紀に使用されていたペーストの美しいボタンを19世紀にはリングに作りなおして使用している例もあるからです。

時代が変わるとファッションも変わり、作りやデザインの良い物でもブローチやペンダント、ボタンのまま使うと大きすぎたり小さすぎたりと合わなくなってくることもしばしば起こります。

それを美しさはそのままに再利用しているのです。特に金の供給量が少なかった時代は貴重であったためジュエリーを一度溶かしてまた作りなおすということも行われていました。

スティックピンは針の先にフィギュラルなモチーフがあしらわれている棒状のブローチですが、19世紀にとても流行しています。現在ではそのまま使用しても帽子などにつけるとかわいいのですが、飾り部分が小さいものが多いため見栄えしずらいのでちょうど指輪の飾りにすると大きさ的にもしっくり来ます。そのように指輪に作りなおした素敵なリング達です。

Photo


月と星もチーフのリングです。地金は14K、ストーンはパールです。

Photo_2

月、星モチーフは19世紀には神秘の象徴として身につけているとパワーを授かれるのではないかとたいへん流行したモチーフです。

Photo_3


お次はエトラスカンジュエリーです。エトラスカンとは1836-1850年に出土した古代エトルリアのジュエリーを模倣したスタイルです。

19世紀後期にたいへん流行しています。粒金細工とフィリグリーがその特徴です。

Photo_4


スターカット(後光彫り)のセッティングにガーネットがあしらわれています。

こちらはスティックピンから作りなおしたものかどうかは分かりませんが。シャンクとフェイスの金の純度が異なるので後ほどリングに作りなおされた可能性があります。

シャンクは10K,フェイスは9Kです。

Photo_5


お次はリボンモチーフのリング。地金は10K,ストーンはパールです。

こちらはスティックピンを指輪に作りなおしています。

あまりの可愛さに一目惚れしました。

Photo_6


けっこう立体的な作りなので指にはめるとまるで本物のリボンを指に結び付けているかのように見えます。

リボンも19世紀を通して流行したモチーフです。愛の象徴としてたいへんもてはやされました。

今回は、最近流行しているきゃしゃなタイプのリングばかりを選んでみましたheart

さて、ブローチも4点ほど入荷が決まっていますheart04

Photo_7


1930年代フランス製のシルバーブローチです。

ダイヤの代用品とも呼ばれたマルカジットがあしらわれているので光に当たると美しく輝きます。

羽モチーフというのも懐かしい感じですね。

Photo_8


お次は1940年代、馬車モチーフのブローチ。

躍動感のある馬の動きと車輪、荷台の荷物がラインストーンになっているところがデザイン性の高さを感じられます。

遊び心のある可愛らしいブローチです。

Photo_9


こちらは1930年代のブローチです。

このようなエナメル彩色のデザインは当時のCOROやTrifariにもよく見られるので1930-40年代にかけてたいへん流行したタイプのジュエリーなのだと思います。

大きめのラインストーンやパステルカラーのエナメル、お花モチーフという点がこれからの季節に活躍しそうです。

Photo_10


お次は1950年代COROのブローチ。

リボンモチーフの立体的なデザインです。キャンディのようなマーブル状のガラスが真ん中にあしらわれています。

けっこ立体的なのでコサージュのような印象です。

本日ご紹介の商品は今月中に入荷予定です。

ご予約もできますので、お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせくださいねwink

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

今月入荷予定のファークリップ&ニナリッチのイヤリング

今月入荷予定商品のご紹介ですheart

まだまだファーが欠かせない季節なのでファークリップが2点入荷予定ですheart04

Photo


放射状に広がったラインストーンとリボンのフラワーモチーフのファークリップです。

ファークリップを使用するときは、当店では大きめサイズをお薦めしています。小さいとファーの中に埋もれてしまい素敵なデザインがよく見えないからです。

このクリップは大きめなのでしっかりとこの立体感や華やかさは見えると思います。

Photo_2

全体像はこんな感じですがリボンで束ねた花束を下に向けてつける感じで使用します。

可愛らしさと華やかさを兼ね備えているので地味目のお色のファーに似合いそうですwink

Photo_3


お次は久々にコロデュエットが入荷します。こちらはファークリップとブローチの役割を備えているマルチなジュエリーです。

2羽の美しい小鳥ですがそのまま使用するとブローチ、2羽を分離して使用するとそれぞれクリップとして使用できます。

Photo_4


裏から見るとこのような金具になっています。1940年代のコロらしい油絵のような美しいエナメル彩色にユニークな発想のジュエリーです。

Photo_5


お次はニナリッチのイヤリングです。大きめパールに可愛いリボンのフェミニンなデザインです。一目惚れしてしまいまたまたこっそり自分用にしようかともくろみましたが欲望を抑えつつブログを書いていますcoldsweats01

Photo_6


良く見ると片方のリボンの端がバゲットカットのラインストーンになっています。良く見ないと気が付かないとこに変化球があるんですね~

クリップ式なのでピアスをしていない方にもOKですnote

本日ご紹介のジュエリーは今月入荷予定です。ご予約も出来ますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいませshine

なお、現在クリスマスセールを行っています。全品15%オフです(例外もあります。詳細はオンラインショップでご覧下さい。詳細は下バナーをクリック)

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

当店のヤフーストアは下をクリック↓

| | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

入荷予定アイリスガラス&付け襟

今月入荷予定商品のご紹介です。

まずは人気の付け襟から・・・heart 2点入荷します。

Photo

1950年代の刺繍が美しい付け襟です。サテン地にメタリックな糸でお花の刺繍がほどこされています。

原産国はインドですが、当時はこういった付け襟を日本やインド、香港などで作りアメリカへ輸出されていました。

アメリカの女性が、1950年代に愛用し今日本へ旅立とうとしている付け襟です。

Photo_2

メタリックな太めの糸の刺繍なので立体的な作りになっています。

Photo_3



こちらは1950年代のラビットファーの付け襟です。襟のふちにはラインストーンやフェイクパールなどのビーズがあしらわれ豪華な印象です。

ラビットファーなので今の季節にぴったりですねshine

Photo_4


後ろから見てもきれいです。珍しい事にビーズの欠損がありません。60年程経ているにも関わらずビーズの欠損が無いのは奇跡的なことなのです。

さて、お次はアイリスガラスネックレスですがとても珍しいデザインです。

Photo_5


お花モチーフのデザインですが、葉っぱ、茎、花と1本の花丸ごとが連なっているとても可憐なデザインです。

Photo_6


地金は835シルバーです。以前も835シルバーのアイリスガラスは登場しましたが、アイリスガラスに835と打刻されている場合は、チェコ由来である事を示します。

1929年以降にチェコで認められた83.5%のシルバーの純度です。

本日ご紹介の商品は、今月中に入荷予定です。人気商品は入荷後すぐに売切れてしまう場合も多いので、入荷前のご予約がお薦めです。

本日ご紹介の商品もご予約できますので、お値段等ご質問がございます場合は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

またクリスマスセールもただいま準備中です。大切な方やご自分へのプレゼントとしてこの機会にいかがでしょうかheart 準備ができしだいメルマガ及びオンラインショップトップページでお知らせいたしますnote

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

当店のヤフーストアは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

 

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧