バタフライウイング

2016年2月14日 (日)

今月入荷予定のバタフライウイング額縁&リボンモチーフアイリスガラスペンダント

久しぶりに商品入荷ですshine

とても美しいバタフライウイングの額縁を見つけましたheart

(額縁はブログ掲載時に売約済み 2016年2月19日)

Photo

英国シプトン社の1922年ごろの額縁です。

シプトン社はバタフライウイング商品を一番最初に特許申請していることで有名です。

数々のバタフライウイングジュエリーや雑貨を生み出しています。

貴族の男女が笑顔でお話ししているシーンでしょうか。二人ともバタフライウイングの衣装をまとっています。

背景にもバタフライウイングが使用されています。モルフォ蝶の神秘的なブルーも美しいのですが、全体的にデザインが華やかです。木々には赤い花が咲き、足元には色とりどりの小花が咲き乱れています。

Photo_2

お部屋に飾ると瞬時に華やぎそうですね。

1920年代にはバタフライウイングはとても流行したので当時のイギリスの女性たちがお部屋に飾ったのだと想像するとワクワクしますheart

お次はちょっとかわったアイリスガラスジュエリーshine

Photo_3

リボンの装飾付きアイリスガラスペンダントネックレスです。チェーンにもアイリスガラスがあしらわれています。

1920年代によく見られる典型的なデザインですが、リボンの装飾付きのアイリスガラスは珍しいです。

Photo_4

アイリスガラスを取り囲むラインストーンも煌いて華やかさとかわいらしさを兼ねていますkissmark

本日ご紹介の商品はご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問合せ下さいませ。

人気商品はすぐに売り切れてしまう場合が多いので入荷前のご予約がおすすめですnote

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

入荷予定商品:オパール入りバタフライウイング&アイリスガラスのクロス

来月上旬入荷予定商品のご案内ですheart

Photo


またまたオパール入りバタフライウイングペンダントが入荷予定です。

1920年代英国シプトン社製です。

状態の良いオパール入りバタフライウイングは、頻繁に見つけられるものでも無いのでお安く見つけることが出来た場合は仕入れるように心がけています。

珍しく連続して入荷が決まりましたheart

Photo_2


ドレスの部分にオパール、空にモルフォ蝶の羽が使用されています。

赤い花束を持っているオランダ女性を描いています。

左下に赤い花が見えるので、自然に咲く花を摘んでいるところでしょうか。

ネックレスチェーンがついていませんので、販売時にはこちらでお付けいたします。

Photo_3


お次は1920年代のアイリスガラスの十字架のペンダントです。十字架モチーフのアイリスガラスは、たいへん珍しく当店でも数年前に1度扱ったきりです。

こちらもネックレスチェーンがありませんので、販売時当店でお付けいたします。

本日ご紹介の商品は来月上旬に入荷予定です。

ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

オパール入りバタフライウイング

今月入荷予定商品のご案内ですheart

またまたバタフライウイングジュエリーが入荷します。

長い間、入荷させることが出来なかったオパールの欠片入りのバタフライウイングですshine

オパールの入ったバタフライウイングは、希少性も高く良い状態の物はなかなか見つかりません。

今回ようやく出会いましたnote

Photo


1920年代英国シプトン社製のバタフライウイングペンダントです。セッティングはシルバーです。

ネックレスチェーンが付いていませんので販売時にはこちらでお付けいたします。

オランダ女性がヨットの見える海を背景にたたずんでいる風景ですshine

ドレスの部分にオパール、海にモルフォ蝶の羽が使用されています。

Photo_2


シプトン社のバタフライウイングは、当店でも頻繁にお取扱いしていますが、オランダ女性、クリノリンレディなど素敵な図柄が多いです。

このオランダ女性の図柄は、どことなく油絵のような芸術的な印象です。

当時はバタフライウイングジュエリーのメーカー言えば、シプトン社やTLMなどがありましたが、だいたいどのメーカーも似たような図柄をデザインしていました。クリノリンレディやオランダ女性、オランダの子供達、トロピカルな風景など・・・。

ですが、メーカーによって微妙に絵の感じが違います。絵は職人のハンドペイントにより描かれていたからでしょう。

バタフライウイングは、1920~1950年ごろまで作られていましたが、1920年代のものはだいたい図柄が決まっておりまたシプトン社は1939年までしか作っていません。

現在もブラジルやベリーズで御土産として作られていますが、やはり新しいものとアンティークには質に大きな差があり、英国製のアンティークはセッティングがシルバー製かつエッジに模様がある場合が多く比較的チープな素材では作られていません。

バタフライウイングは1920~30年代にはたいへんな流行だったようで、英国発祥でしたが英国のみならずポルトガル製、フランス製などヨーロッパの広範囲に広まっていたようです。

これも面白いのがその国によって絵の雰囲気が全然違うのですnote

入荷予定のバタフライウイングはセッティングが酸化で黒ずんでいますが専用研磨剤で磨くと黒ずみは取れますので、販売時には磨いてお渡し致しますheart

本日ご紹介の商品はご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

人気商品は、入荷時にすぐに売切れてしまう場合が多いですので入荷前ブログ掲載時のご予約をお薦めいたします。

先日もブログ掲載時に売約となりましたhappy02(ありがとうございます)

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

入荷予定商品WEISS、バタフライウイング

今月入荷予定商品のご案内ですshine

Photo


英国製1920年代バタフライウイングの額縁heart(2015年8月7日売約済み)

バタフライウイングの額縁は、当店でこれまでにもお取扱い致しましたが、またまた美しくて幻想的な印象の額縁を見つけましたshine

ドレスを着た女性が木の実を楽しんでいる姿です。

モルフォ蝶の羽はドレス、道、木の葉の部分に使用されています。ドレスや道はピンク色になっていますが、モルフォ蝶といえばブルーですが、他のお色もあります。模様のある羽もあるようですね。

Photo_2


額縁の裏には英国製である事、本物のモルフォ蝶が使用されていると記載のあるラベルがあります。1920年代当時のままのラベルです。

モルフォ蝶の羽を使用した商品は当時大流行していましたので、モルフォ蝶の羽に似せたフォイルを使用した商品もあったようですね。

そのような商品と区別をつけるべくこのようなラベルが貼られていたのでしょう。

蝶の羽には鱗のような模様がありますので、人工的な素材なのか本物なのかは肉眼で区別がつきますけどね。

Photo_3


続いてこちらのペンダントもバタフライウイングです。同じく1920年代英国製。(2015年8月7日売約済み)

クリノリンを着た女性が刺繍をしているシーンが描かれています。ドレスと背景にモルフォ蝶の羽が使用されています。

セッティングはシルバーです。チェーンがついていませんのでこちらでお付けして販売致します。

Photo_4


お次はWEISS1960年代デミパリュール。

これまでワイスのリボンのブローチは、お色違いのお品を何度かお取扱いしてきましたがイヤリングとセットになっているものははじめてです。

ワイスは高品質のクリスタルを使用していますので、とっても発色や輝きが美しいです。

リボンモチーフは、永遠に女性の大好物モチーフだと思いますので、見つけたらすぐに仕入れるようにしています。

私もリボンモチーフ大好きなのでブローチやイヤリングなど愛用していますribbon

落ち着いたグリーンなので、大人の女性でもさりげなく身につけられるのではないかなと思いますwink

イヤリングも三日月の形でかわいいですねnote

本日ご紹介の商品は今月中に入荷予定です。ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいね。

人気商品は、入荷後すぐに売り切れる場合が多いので入荷前ブログ掲載時のご予約をお薦めいたしますcherry

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

入荷予定のバタフライウイングジュエリー達

今月入荷予定のバタフライウイングジュエリー達のご紹介ですshine

Photo


まずはじめに1920年代のブローチ。

これまでリバースペイント技法によるバタフライウイングジュエリーばかりをお取扱いしてきましたが、今回は少し変わったサルファイドと呼ばれる技法によるバタフライウイングジュエリーが入荷します。

ギリシャの女神とその周りにかわいらしいトンボや蝶、花など細部にわたって繊細に描かれている美しいデザインです。

リバースインタリオのように裏から彫り彩色をほどこしているような作りに見えますが、サルファイドとは、微粒白陶土と炭酸カリウムケイ酸塩を混ぜて作ったレリーフ(浮彫り。その反対の作りがカメオ)をガラスが出来上がる前にガラスの裏に挿入する技法のことです。

Photo_2


上写真は19世紀末ぐらいのサルファイドカメオのスティックピンです。

サルファイドは19世紀始めぐらいに誕生しイギリスから広まりました。

サルファイドによるバタフライウイングジュエリーはそれほど珍しくはないのですが、コレクターが多いのかリバースペイントのバタフライウイングよりもいつも高値で取引されています。またギリシャ神話や星座をモチーフにしたデザインがほとんどです。

細部にわたって美しく描かれているデザインでしたので今回はじめて入荷を決めました。

セッティングはスターリングシルバーです。

お次はバタフライウイングのリングです。

Photo_3


たまには、モルフォ蝶の美しいお色のみを楽しむのも良いのではないかと思いモルフォ蝶の羽の美しさのみが強調されたリングを入荷させることにしました。

セッティング、シャンクはシルバー、フランス製です。

金属部分は、酸化して黒ずんでいますがシルバーですので専用研磨剤で磨けば白い輝きを取り戻す事でしょう(入荷後当店でお手入れ後販売致します)

リバースペイントなどの装飾がありませんが、これはこれで大人の女性に相応しいシンプルな美しさだと思います。

Photo_4

こちらは1940~50年代のバタフライウイングのイヤリングです。

セッティングは、シルバートーンの合金です。

リバースペイントにより扇子を持ったクリノリンレディが描かれている可愛らしいデザインです。

クリップタイプのイヤリングです。

本日ご紹介の商品はご予約も可能です。人気商品は、すぐに売切れてしまう場合が多いので入荷前のブログ掲載時のご予約がお薦めですwink

お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいheart

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

入荷予定バタフライウイングの英国製リング

久しぶりにバタフライウイングの英国製リングが入荷予定ですheart

★この商品は売約済みです(2015年4月7日)

Photo


1920年代、オウムとドレスを着た女性の絵です。セッティングはスターリングシルバー。

バタフライウイングのリングは、なかなか見つからないので本当に数ヶ月ぶりの久々の入荷です。

とても状態も良くデザインも優雅でロマンチックな印象です。

Photo_2

今月中には入荷予定です。ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいwink 人気商品は入荷後すぐに売り切れてしまう場合が多いので入荷前のブログ掲載時のご予約がお勧めですheart

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

入荷予定オパール入りバタフライウィング&WEISSのリボンブローチ

最近、自分への労いとしてご褒美を買いましたheart クリスマスも近いので自分へのプレゼンとして買いました。もっと良い物は誰かが恵んでくれるのを期待しつつ・・・。

長年愛用していた1950年代頃のヴィンテージの本革バッグがダメになったので代わりのバッグを調達すべく探しました。

Photo


おばあちゃんぽい古めかしい「おば風バッグ」(わたくしはそのように名付けました)ですが、がま口がプラスチックになっていて今は無いようなデザインになっています。

おば風バッグの長所はデザインだけではありません。

おば風バッグを持って歩き回るとどういうわけか、高齢者の皆様の熱い視線を集めることができますshine

毎回町中のおばあちゃん方の熱い視線を感じるのです。どういうお気持ちでわたくしに熱い視線を投げかけて下さるのか一度伺ってみたかったです。

大きさも背の低いわたくしにはちょうど良く、意外に物もたくさん入れられるので重宝していました。イギリスの方から譲って頂いたバッグでしたが、おばあちゃんっぽいデザインなので高齢の方がお若いときに使用していたのでしょう。

このおば風の可愛さを兼ね備えたバッグが欲しいと思い、再びヴィンテージを・・・と思いましたが新品を探す事にしました。

というのもヴィンテージの古いバッグはどういうわけかダニが付きやすいのです。これまで何度も自分のヴィンテージバッグにダニがいるのを目撃して恐怖に震えましたcoldsweats02(ダニは肉眼で見えるのです)

今はバッグのポケットに出かけるときも家においている時も常に防虫剤を入れているのでダニはいなくなりましたが・・・。ちゃんとお手入れしていてもどういうわけかダニが付きやすいみたいですねcoldsweats02

そこで新品のおば感溢れる、小ぶりのかわいいバッグを探しました。

残念な事にもう町中のおばあちゃん方の視線を集める事はできないかもしれませんが・・・。

最近は若干おば風なデザインがはやっていますよねheart

Bllbs127an_07


一晩探してついにおば風のかわいいバッグを楽天市場で見つけましたよdash 上質な本革ですが、お値段も送料込みで7000円台でしたheart

Bllbs127an_06


ハンドバッグとしてもショルダーとしても使える小ぶりのバッグです。

Bllbs127an_05

中も収納力が半端無いみたいですね~。

このお店のバッグは本革でも全て安いです。母にもクリスマスプレゼントにおば風ではないデザインのグリーンのバッグを買ってあげました。母に「おば風」はもはやしゃれにならないので。

Blovvf0019_02


こちらも本革ですが5000円ぐらいでしたheart

まだ届いていませんが、早く新おば風バッグを街行く人々に見せ付けたいですheart

バッグのお店はこちら

さて、今月入荷予定の商品のご紹介ですheart

Photo_2


1920年代英国シプトン社のバタフライウイングペンダントネックレスです。

★このペンダントネックレスは売約済みです。2014年12月10日

背景にモルフォ蝶、ドレスにオパールが散りばめられていますshine

Photo_3


ドロップ型のペンダントです。オパールのきらめきが大変美しいですね。デザインも花束を持つ女性の絵ですが可憐な印象です。

Photo_4

状態もたいへん良いです。セッティングはスターリングシルバーです。

Weiss_2

お次は1960年代のWEISSのブローチです。

わたくしの大好物のリボンモチーフです。リボンの形をしているとついつい仕入れてしまいます。永遠の乙女の必須アイテムですdash

ルビーレッド、レッド、ピンクなど同系色のラインストーンで彩られています。マーキス型やラウンド型などラインストーンの形も様々です。

同種の色違いを当店でもお取扱いしたことがありますが、お洋服につけるとこんな感じです。

Weissbow8

この可愛さは異常ですね。我ながら気絶しそうになりましたよ。ルビーレッドの方も最初見た時は、このまま誰にも言わずに自分の物に・・・と欲望が高まりましたが、必死でこの醜い物欲を抑えつつこうして皆様にご紹介いたしておりますheart

本日ご紹介の商品はご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合は、お気軽にお問い合わせ下さいね。特にバタフライウイングは人気商品ですので、入荷後オンラインショップに掲載されますとすぐに売切れてしまう場合が多いです。

人気商品は入荷前ブログ掲載時のご予約がお薦めですnote

クリスマスセール開催中↓ 

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック

当店のヤフーストアは下をクリック

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

入荷予定オパール入りバタフライウイング&アイリスガラス

先日、お客様から面白いお問い合わせがありましたcherry

当店で15Kのオパールリングをご購入になったお客様からのお問い合わせでしたが、サイズ直しのため貴金属修理店にご依頼されたところ、職人さんからジュエリーとして15Kという純度は聞いたことが無い、及びアンティークのオパールは珍しいと言われたとのことでした。

そこで、アンティークの15K及びオパールについて情報が欲しいとのことでした。

まず、アンティークリングを扱った事の無い、貴金属修理店及びジュエリー工房の職人さんはアンティークに関しては全くの素人である場合がほとんどです。

ホールマークの知識すら皆無である場合がほとんどです。でも扱った事が無いわけですからそれは当然です。ですが金属や宝石の性質、加工についての知識・技術はベテランだと思います。

アンティークジュエリーにおいて15Kというのは珍しくありません。今では18Kや14Kが主流ですが、アンティークにおいては、15K,12K,10K,9Kというのもよくあります。

時代がもっとさかのぼると16世紀には24K(純金)のジュエリーもあります。通常24Kはやわらかすぎてジュエリーの素材としては向いていないので銅や銀などを混ぜ純度を変えて使用します。ですが16世紀には金の産出量も少なく金を扱いやすくする技術も確立していなかったので24Kがそのまま使用されています。

時代が進むにつれて扱い易い金の純度が、開拓され様々な純度が登場するのです。

1854年、英国議会において15K,12K,9Kの純度が認められています。その後これらの純度のジュエリーが大量に作られることになります。

イギリスをはじめヨーロッパでは早くから金証制度が確立され、各地のアッセイオフィスで試金され純度が公に保証される仕組が整っています。

現在では、聞いた事の無い純度もアンティークにはよくあることなのです。むしろ現在では聞きなれない純度だからこそアンティークらしい特徴であるとも言えます。

さらに、オパールについてですが、アンティークにおいてこれもまた珍しくは無くありふれたストーンです。どうしてアンティークのオパールは珍しいとおっしゃったのか職人さんの根拠を伺いたいものですcoldsweats01

オパールは、1890年以降オーストラリアのオパール鉱山の操業が開始していらい産出量が劇的に増え大量に市場に出回ります。

それ以前も、チェコスロバキア、ハンガリー産のオパールがジュエリーには使用されています。

オパールは、ヨーロッパのファッションリーダーであったヴィクトリア女王が好んだストーンでしたので1860~1901年にとても流行しています。

002


上写真は1885~1910年頃のジュエリーのカタログです。赤枠はオパールを使用したリングです。こんなに様々なデザインのオパールリングがあったのです。

これを見ても分かるとおりオパールはアンティークにおいて珍しいストーンではないのです。

しかしながら、アンティークを扱っていると様々な純度のものを見てきていますのでそれが当たり前になってしまっていましたが、初めてご覧になる方には不思議に見えるのだなぁ~と新たな見方を学び面白いな~と思いましたbleah

さて、入荷予定商品のご紹介ですheart

Photo

1920年代英国製バタフライウイングペンダントです。シプトン社製のオパール入りです。

今回は今までのクリノリンを着た豪華な貴婦人のデザインではありません。もっと絵画に近い芸術的な印象のデザインです。

今回はオランダの女性を描いたデザインですが、私はこれを見た時映画の「真珠の耳飾の少女」を思い出しました。

この映画は画家フェルメールが「真珠の耳飾の少女」を描く過程の物語ですが17世紀頃のオランダの風景や生活、衣装などを垣間見ることができます。

41erq2dhqfl_2

Photo_2

Photo_4 Photo_5

上写真は映画のワンシーンをキャプチャしたものですが、バタフライウイングのオランダ女性の衣装とそっくりですね。

Johannes_vermeer_16321675__the_girl

Vermeer__the_milkmaid_2

             【フェルメールの絵画】

上2枚の写真は、フェルメールの絵画です。映画は当時の風俗に忠実に描かれています。

こうしてみると今回入荷予定のバタフライウイングのデザインはこのような油絵からインスピレーションを受けたのではないかという印象があります。

Photo_6


名画のような深い味わいと、芸術的な色彩を再現しようとしているように感じられます。

ドレスにはオパールのかけらを散りばめ、空にはモルフォ蝶を使用していますが、これまでのクリノリンレディやトロピカルな風景のバタフライウイングと一線を画した油絵のような芸術的な印象です。

Photo_7


遠めにみても、その美しさ・絵画のような味わいは一目瞭然です。オパールの偏光色も美しく現れています。

お次はアイリスガラスのネックレスが2点入荷します。

Photo_8

Photo_10

丸いアイリスガラスが小さな物から大きな物へと連なったデザインです。おそらくハンドカットでファセットを作製しているものと思われます。

ハンドカットによりガラスのカット面を形成しているのでガラスの形が均一ではなく職人の手作業の素朴なあたたかさが感じられます。

身につけてもおしゃれですねshine

お次は大きめの変わった形のドロップ型ペンダントのアイリスガラスです

Photo_11

Photo_13

大きめアイリスガラスのペンダントトップが存在感がありますね~ その両側の小さなアイリスガラスが、控えめな虹色でトップと対照的です。

バランスがとれていて美しいデザインですshine

本日ご紹介の商品は今月入荷予定です。ご予約も出来ますのでお値段等ご質問がございます場合はオンラインショップの「お問い合わせ」よりお問い合わせ下さい。

人気商品は、入荷後すぐに売切れてしまいますので入荷前のご予約がお得ですwink

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

当店のヤフーストアは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

本日入荷バタフライウイングリング&入荷予定ヴィンテージ付け襟

本日バタフライウイングのリングが入荷しましたshine

Photo


1920年代英国シプトン社製リングです。地金はシルバー。池に浮かぶスイレンを眺めている少女を描いたデザインです。

バタフライウイングのリングは、トロピカルな風景などはよくあるのですが、このように人物を描いたものは、めったに手に入りません。当店でも数年前に1度お取扱いしたのみです。

129


ドレスや空、池の部分にモルフォ蝶(上写真)の羽が使用されています。

羽の色がまだらになっている部分を使用しているので、ちょうど油絵のような濃淡のある芸術的な印象となっています。

Photo_2

Photo_3


リングサイズは13ー14号ですが、シルバーなのでサイズ直しは可能ですwink

本日中にオンラインショップへ掲載致します。

お次は、1950年代の付け襟です。今月入荷予定です。

Photo_4


スペイン製の付け襟ですが、よ~く見るとお花の形のスパンコールや、フェイクパールがふんだんに使用されています。

Photo_5

このように拡大すると分かりますが、偏光色の幻想的なカラーのスパンコールが豪華にたっぷりあしらわれています。しかも、円盤のような丸い形からお花の形、ビーズなど様々な大きさ形のデコレーションです。縁取りのフェイクパールも可愛らしいです。

Photo_6


後ろにもたくさんスパンコールやビーズが・・・happy02 美しいですねheart

こちらの商品は今月入荷予定です。付け襟は、人気があるので入荷するとすぐに売切れてしまいます。ブログ掲載時にご予約も可能ですのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいwink

 

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

当店のヤフーストアは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

入手困難なオパールを散りばめたバタフライウイングブローチ

今月入荷予定のジュエリーのご紹介ですheart

★この商品は、お客様によりご予約済みです 2014年9月15日

Photo


1920年代シプトン社のバタフライウイングブローチですshine 

バタフライウイングは、1924年の大英帝国博覧会でThomas Motto(TML)のバタフライウイングジュエリーが展示され、新しいファッションの流行として一躍有名になりました。

しかしながら、それより先に実は1922年にシプトン社がモルフォ蝶の羽を使用したバタフライウイングの特許を申請しています。

バタフライウイングジュエリーはTMLが先に有名になってしまい人気を博しましたが、シプトン社のジュエリーもとても美しい物が多いのです。

バタフライウイングジュエリーは、トロピカルな風景、鳥、カメオ風のものなどそのデザインは多様ですが、中でもクリノリンレディのバタフライウイングが一番人気があります。

さらに、稀にクリノリンレディのドレス部分にオパールのかけらが散りばめられていたり、色鮮やかな小鳥の羽があしらわれている事もあるのです。

オパールを散りばめたバタフライウイングは、海外のコレクターにもたいへん人気の高いアイテムなので常に高値で取引されます。

Photo_3

Photo_6

パラソルをさしたクリノリンレディのドレスにはオパールが散りばめられています。空の部分にモルフォ蝶の羽が使用されています。

オパールを散りばめたバタフライウイングは、めったに手に入りませんが、今回比較的お安く手に入れる事が出来ました

その分、皆様にもなるべくお求め安くなるような価格での販売を検討していますheart04

こちらの商品は、今月入荷予定です。

ご予約も出来ますので、お値段等ご質問がございます場合は、お気軽にお問い合わせくださいね。

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

当店のヤフーストアは下をクリック↓

(カードによる分割払可 ヤフーあんしん取引により安全安心)

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧