ミリアム・ハスケル

2015年6月22日 (月)

入荷予定オーストリアンクリスタルブローチ&ロバートのブローチ

最近、1950年代の可愛らしい陶器の動物達にはまっていますheart

先日は子牛の置物を買いました。

Kimg0555


真ん中が子牛の置物です。バンビかと思って買いましたが子牛でしたcoldsweats01

日本製ですが、1950年代当時アメリカへ輸出された里帰り品です。

手前の猫の親子も里帰り品です。こちらは戦後、アメリカ軍占領下の日本で作られた事を示すマークがあります。

今狙っているのは、同じく1950年代レフトン社のプードルですheart

Photo


カールした毛並みをブルーのビーズであらわしています。首に付けているハートのチャームもかわいいですね。

とりあえずお取置き中にしてもらっています。来月買おうかな~と思っています。

たくさん集まったら、ガラス張りのキャビネットに並べて堪能したいなぁ~と妄想しているところですnote

1950~60年代のこのような陶器の置物は素朴で可愛らしいものが多いです。どこか不完全であまり繊細ではないところが魅力なのですheart

さて、今月入荷予定商品のご紹介ですshine

Photo_3


1940年代、オーストリアンクリスタルのブローチです。ベリーモチーフの可憐なデザインです。

果実の部分は淡いピンク、濃いピンクのグラデーションになっています。何と言ってもこのような幻想的な色合いがオーストリアンフルーツの魅力です。

オーストリアンフルーツに関する記事は、以前もこのブログで書いています。

ぜひこのシリーズの詳細をご覧下さいねwink

専門書のお写真と一緒に説明していますが、今回入荷予定のベリーのお写真も掲載されています。有名なブックピースなのです。

オーストリアンフルーツの過去記事→こちら

Photo_4


お次は、オリジナルバイロバートのブローチ。ミリアム・ハスケル好きな方はロバートのジュエリーもお好きなのではないでしょうか。

リースのような美しいサークルからアシンメトリーなデザインのバロックパールが揺れる凝った作りになっています。

ロバートのジュエリーは、ハスケル同様、バロックパールを使用した複雑で繊細な印象のデザインも多いです。

それもそのはず、ロバートはハスケルの元で働き後に独立し自分のブランドを起こしています。ハスケルの影響が大きいと言われています。

しかしながら、1979年には製造終了しています。

Photo_5


裏にはOriginal By Robertのメーカーズマークがあります。

本日ご紹介の商品は今月~来月はじめに入荷予定です。

ご予約もできますので、お値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせ下さいcherry

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

入荷予定ミリアム・ハスケルのブレスレット&トリファリのデミパリュール

今月入荷予定商品のご紹介ですheart

ミリアム・ハスケルのとても豪華なブレスレットが入荷予定です。

Photo


まさにアメリカンコスチュームジュエリーの女王に相応しい繊細で豪華なブレスレットです。ハスケルの洗練されたデザインと卓越した技術は、ハリウッドの女優達の絶大な人気を得、モード雑誌「ヴォーグ」の表紙のトップモデル達もハスケルのジュエリーを身につけました。

Photo_2


ハスケルのジュエリーと言えば、フェイクパールを使用したものが特に有名であり、世界中に多くのコレクターがいますが、このフェイクパールはフェイクと言えども本物以上の最高のジュエリーを作るべく、魚の鱗やセルロースから作り、それらのエッセンスを10回以上塗り重ねて絶妙な色合いを出しているのです。

またパーツの組合せも、接着剤を利用せず細いワイヤーで台座に留め、その台座もワイヤーを隠すためにさらにもう一枚プレートを貼るという細工がなされています。

Photo_3


裏からみると全くワイヤーが見えません。このように裏面まで徹底された作りから、コスチュームジュエリーは宝石は使用していないものの単なる「フェイクをつかったもの」という認識ではなく、貴重なジュエリーとして捉えていた事が分かります。

Photo_4


ハスケルのジュエリーは実際に身につけると女性が美しく見えるよう計算しつくされていると言われています。なるほど・・・納得ですねheart

Photo_5


お次はトリファリのネックレスとイヤリングのデミパリュール。1940~1955年ぐらいまでのものだと思われます。

珍しいタッセルネックレスです。おそらくチェーンを留めている輪の部分でネックレスの長さを調節できるようになっているものと思われます。

イヤリングはボールの部分が揺れるようになっています。

本日ご紹介のジュエリーは、ご予約もできますのでお値段等ご質問がございます場合はお気軽にお問い合わせくださいね。

当店アンティーク・ヴィンテージジュエリードットコムfromUKは下をクリック↓

にほんブログ村 ファッションブログへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ

にほんブログ村 雑貨ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎(市)情報へ

blogram投票ボタン

| | トラックバック (0)