Forget me not

2009年5月24日 (日)

メッセージジュエリー

昨日、当店のオリジナルブランドForget me notがOPENしましたshine 私が初めてイギリスのラッキーチャームを目にしたときこの可愛さとメッセージをそっとジュエリーにたくしてさりげなく身につけるユニークさをぜひみなさんにも楽しんでいただきたいと思いForget me notを始めました。

★メッセージ性のあるチャームをラッキーチャームと言います。チャームとはもともとお守りの意味があるのですがイギリスでは伝統的に誕生日や妊娠、結婚など自分自身に意味のあるものを象徴するチャームをブレスレットなどに一つ一つつけていき自分オリジナルのジュエリーを作っていました。(アメリカにも同様の伝統があります)

P3120031 248584530_tp

こういったヴィンテージのブレスレットやチャームはイギリスやアメリカではいまも人気は衰えずとても愛されています。とくにイギリスには繊細で細部まで丁寧に作られたユニークなチャームが多いです。

一つ一つ集めてブレスレットにするには高額になってしまいますし(チェーンもチャームもヴィンテージはスターリングシルバーかゴールドでできているものが多いのです。そして人気もありますのでそれだけ価値も高いのです)たくさん集めるのに時間がかかってじれったいですよねbearing 年月をかけて集めるのもそれはそれで味があって楽しいのですが・・・。

私はみなさんにできるだけリーズナブルに、そしてすぐにこの楽しさを味わっていただきたいとヴィンテージチャームをネックレスにしてみました。

059 060

貴金属(チェーン・ペンダントトップともにスターリングシルバーやゴールド)ですので永遠の価値がありますし、一つ一つメッセージのあるジュエリーは大切なお友達へのプレゼントにしたりお子さんが大きくなられたときにプレゼントするのも素敵ですよね。(私も母に若い頃に使っていたオパールの指輪をもらいました)写真のようなネックレスは靴の中に花嫁と花婿が入っているので結婚する方、あるいはいまの恋人と結婚したいな~とか、シングルの方は素敵な人に出会いますように・・・などなど思いをこめて身につけるのもロマンチックで素敵です。

010 009          こちらは鳥かごの中にグリーンの小鳥さんが入っているネックレスです。イギリスでは小鳥は愛や幸運の象徴として伝統的にジュエリーのモチーフとなっていることが多いです。この鳥かごは開けることができます。

遊び心がありますよねshine 

ヴィクトリア時代のジュエリーのように細部までこだわり、後ろから見ても美しく見えるようクラスプのデザインにもこだわっています。

023 019  アメリカより特別に取り寄せたアメジストやタイガーアイなどのクラスプを使用しました。後ろから見ても高級感があります。

ぜひオンラインショップの方でじっくりごらんくださいねheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

新ブランドForgete me notの告知

本日はアメリカ人時計デザイナーと当店がコラボした新ブランド「Forget me not」の告知です。

012 アメリカ人時計デザイナー、ジムはアメリカ・ドイツ・イギリスなど世界中で活躍しているデザイナーです。最近では香港・シンガポールなどアジアの時計ファンからも注目されています。

そんな彼と当店がコラボして誕生した英国ヴィンテージ×ファインジュエリー(貴金属・半貴石)の新ブランド「Forget me not」はヴィクトリア時代に流行ったジュエリーのモチーフ忘れな草に由来しています。ヴィクトリア時代には忘れな草(その花言葉は「私を忘れないで」)モチーフのジュエリーにより想う人への愛のメッセージをそっとあらわしていました。欧米の女性たちの間ではこうしたメッセージ性のあるジュエリーはその後も受け継がれ、メッセージ性のあるアンティークジュエリーやヴィンテージジュエリーは今もなお人気があります。

Forget20me20not

そんなメッセージ性のあるロマンティックでかわいい英国ヴィンテージパーツを使用して当店オリジナルのジュエリーを作ってみました。

012_2 023          こちらは60s英国ヴィンテージの9kエンゲージリングと9kウェディングリングのチャームネックレスです。チェーンは10Kです。当店ではクラスプまでこだわりアメリカ直輸入のアメジストのクラスプを使用しています。後ろから見ても美しく見えるようにしています。

エンゲージリングのチャームはシャンクが9kホワイトゴールド、リングが9kイエローゴールドでできています。1920~30年代イギリスにおいてプラチナとゴールドを組み合わせたエンゲージリングが大流行しました。シャンクをプラチナにすることでダイヤの輝きをいっそう高めると考えられたからです。60sにそれをイメージして作られたのがこのチャームです。

J61321 ちゃんとホールマークもはいっていますよ。イギリス・バーミンガム1969年製です。

020 025          こちらは60s英国ヴィンテージメイフラワー号のチャームネックレスです。チャーム・チェーン・クラスプともにスターリングシルバーです。そしてアメリカ直輸入クラスプにはお花が彫金され細部までこだわりました。アンティークな雰囲気であり、後ろから見ても可愛いですね。

028 そしてさらにこの船の中には小さな人が入っています。誰にも言わなかったら船の中に人が入っているなんて分かりませんが自分だけが知っている秘密のようで楽しい気持ちになります。

遊び心のあるジュエリーです。これから夏が訪れますが、海好きな方にぴったりですよ。

自分の想いをこめて自分で身につけても、プレゼントとしても素敵なジュエリーです。

他にも様々なデザインがあります。準備が整い次第、お店の方で販売開始させていただきます。もうしばらくお待ちください。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村 にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)